■球島山展望台
奥尻島東海岸の宮津地区後背に位置する球島山。 この山頂からは島の中央部から北部一帯の大パノラマを望むことができます。 この絶好のビューポイントを訪れる人に楽しんでもらうため、山頂展望台が建設されるとともに山頂への道路も整備されました。5

■賽の河原公園
稲穂岬先端の「賽の河原公園]。 スポーツ施設・展望台のほか、キャンプ場としての設備も完備。
毎年6月22,23日賽の河原祭りがここで開催されます。奥尻三大祭りのひとつです。
6

■奥尻島津波館
平成12年10月完成の奥尻島津波館。 平成5年7月12日に発生した北海道南西沖地震と、その直後に発生した大津波、火災によって奥尻島が受けた痛ましい災害の記憶を風化させないために、テーマ後とに7つの展示スペースを設け、それぞれの視点から災害の記録を保存・展示して後世に伝えることを目的としています。7

■時空翔
青苗岬にある徳洋記念碑一帯は、かつて青苗市街地の一部でしたが、地震と津波で壊滅的な打撃をうけた場所。 青苗市街地の復興整備が進むとともに、この地に慰霊碑[時空翔]を中心とした公園建設が進められ、平成10年、「時空翔」の完成に続いて一大緑地公園が完成し、青苗地区の新しい顔として親しまれています。8

■徳洋記念碑
青苗岬先端に立つ徳洋記念碑。 昭和6年建立。9

前のページ/次のページ